横浜の税理士法人 Farrow Partners

フリーダイヤル 0120-971-211 受付時間 9:30〜18:00(土日祝休) お問い合わせ
  • CONTACT
  • TEL
  • MENU

会計ニュース

文書作成日:2019/04/25


 4月は新年度の始まりと同時に、新卒採用を行った企業にとっては新入社員を迎える季節です。ここでは、初任給に関するデータを産業や学歴別にご紹介します。




 厚生労働省の調査結果(※)から、産業別に2018(平成30)年の性、学歴別初任給をまとめると、下表のとおりです。

 産業計については、男女計はすべての学歴で、2017年に続いて前年を上回りました。男女別では、男性はすべての学歴で前年を上回りました。女性は大学卒が減少となったものの、それ以外は前年を上回りました。





 産業別にみると、鉱業,採石業,砂利採取業や不動産業,物品賃貸業、学術研究,専門・技術サービス業で、産業計を上回る金額の学歴が多くなっています。一方で、産業計を下回る金額となった学歴が多い産業も、少なくありません。

 賃金の引き上げ傾向は依然として続いています。2019年の初任給についても、引き下げを行う事業所は少なくなると予想され、2018年以前と同様に全体では増加傾向になることが考えられます。人材採用を行う企業では、自社の給与水準だけでなく、こうした初任給の額も参考にしながら、採用時の給与額を決めていく必要があるでしょう。


(※)厚生労働省「平成30年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況
 10人以上の常用労働者を雇用する民間事業所のうち、有効回答を得た事業所の中で新規学卒者を採用した15,663事業所を対象に、初任給が確定している15,155事業所について集計したものです。なお、産業計の数値には、医療,福祉の分も含まれます。


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
ページトップ